毎日残業で仕事に明け暮れる友人を少し羨ましいと思ったりします。それはわたしが求職中で学校に通っている身であるため、彼女とは立場か全く違い無いものねだりと言った目線で見ているからです。私はというと、看護師に転職したい!と、一念発起して学校に通っています。(晴れて看護師になれたら、今の友人のようにバリバリ働くつもりです。)自分も仕事していた時は忙しい時は本当に大変で早く辞めたいとも思っていました。友人も転職を繰り返して来ていますが、やっと今の仕事でしっくりと来ているみたいで毎日楽しそうに働いています。どんなに激務でも自分が好きで選んだ仕事なら、乗り越えた時こそ充実感がありそうで本当にそれはわたしの理想です。わたしも一時期は、つまらない仕事も終わってから得られる充実感は最高だと思えた時期がありました。でも今は二度と同じ職種には就きたくないと思っています。わたしの一番の不幸は仕事に対して情熱を持った事がないところだと思います。どんな仕事にも素晴らしいところは必ずあるはずなのに。

テキパキ働いている女性を見るのは好きだし尊敬出来ます。皆どんな思いでどんな事を感じてその仕事を選んだのだろうかといつも気になります。自分の場合、今まで単にお金が必要だからと適当な職場で働いて来ました。適当な気持ちだったからか、いつも失敗ばかりしていました。当時はなんでこんなにやる気がなく仕事に張り合いがないんだろうと悩んでいましたが、「なりたい職業がなかったからだ。そうか夢がなかったんだ」と恥ずかしながらやっと最近知る事が出来ました。わたしの様な女性はたくさんいると思います。可能性を見出し自信を持たせてくれるような楽しい仕事はたくさんあるはずなので、頑張って地道に探していこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です